クルム伊達公子選手を育てたテニス理論

2011年04月22日

週末テニスプレイヤーでもできる内容なのかな?

週末テニスプレイヤーでもできる内容なのかな?




小浦氏は一流の選手やコーチに指導をつけるレベルの方です。
最初に彼のレッスンを見れると聞いた時、私はてっきり、

「一般人ではできないようなことばかり教えているのかな?」

「プレイヤーに無理難題を課しているんじゃないのかな?」

「実際、週末テニスプレイヤーでもできる内容なのかな?」

と完全に疑ってかかっていました。

しかし、小浦氏の練習ノウハウは誰もが実践できる内容でした。

一流選手のように高い身体能力や体格、才能などは必要ありません。

幼少からの英才教育がなくても大丈夫です。

優れた動体視力も必要ありません。

一般のアマチュアプレイヤーでもすぐに実践できる内容です。

ただし、その指導内容は、明らかに私がこれまで見てきた
他コーチのレッスンと異なるものがありました。

小浦氏は全てのレッスンにおいてフォームの指導よりも、

1、タイミング 2、リズム 3、バランス

の習得を徹底します。

なぜ、タイミング、リズム、バランスなのか?

それは、小浦氏の豊富な実践経験が、
“頭で考えるようなテニスでは試合で勝てない”という理論を生み出したからです。

これは一体どういうことでしょうか?



週末テニスプレイヤーでもできる内容なのかな?
新井流フルスイングテニス塾
posted by テニス at 06:17 | 秋田 ☔ | 週末テニスプレイヤーでもできる内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。