クルム伊達公子選手を育てたテニス理論

2012年10月24日

頭で考えるようなテニスでは試合で勝てない

頭で考えるようなテニスでは試合で勝てない
小浦氏は全てのレッスンにおいてフォームの指導よりも、
タイミング、リズム、バランス
の習得を徹底します。

なぜ、タイミング、リズム、バランスなのか?

それは、小浦氏の豊富な実践経験が、
“頭で考えるようなテニスでは試合で勝てない”という理論を生み出したからです。
posted by テニス at 07:07 | 秋田 ☁ | 頭で考えるようなテニスでは試合で勝てない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。